1. ホーム
  2. DIY、工具
  3. 業務、産業用
  4. 制服、作業服
  5. キーケース 黒・クラリーノ S866 ベスト
ランキング総合1位 ランキングTOP10 キーケース 黒 クラリーノ S866 ベスト homie-bridge.com homie-bridge.com

キーケース 黒・クラリーノ S866 ベスト

326円

キーケース 黒・クラリーノ S866 ベスト

■発売年:
■メーカー:ベスト
■商品コード:S866
■商品名:キーケース 黒・クラリーノ
■性別:男女兼用
■季節:オールシーズン
■使用素材:クラリーノ
■形状特徴:ベルト幅50mmまで対応
サイズ:W110×H100×D40mm
プロフェッショナルをサポートする力強いセキュリティグッズ。



キーケース 黒・クラリーノ S866 ベスト

ニトムズ 超強力両面テープ 一般材料用 No.5711 20mm×5m J0970ニックス ヌメ革セフコンベ着脱ベルトループ(ブラック) KB-DXT【納期未定・キャンセル不可】【代引き・同梱不可】SWING CHARLIE 911 スイングチャーリー ノーパンク三輪自転車G ワインレッド MG-TRW20NGハリオグラス V60用ペーパーフィルターみさらし02 1〜4杯用 VCF−02−40M 1箱(40枚)TRUSCO スプリングワッシャー ユニクロム サイズM20 15個入 B28-0020 1PK(15個入)表札 マンション 表札 おしゃれ マグネット オーダーサイズ K20F(法人限定)ナカトミ ツインファン 45cm TF-45V 工場用・業務用扇風機ゲームボーイミクロ (ブラック) 【メーカー生産終了】【メール便可】スターエム ハイス六角軸面取カッター 16MM 4962660502163 [先端工具 木工アクセサリ 下穴錐]【後ろシートamp;後ろレインカバーセット】 NCD458 ncd459 NAR187 NAR181 パナソニック ギュット・クルームのみ対応 Panasonic op鍋つかみ 耐熱グローブ ミトン キッチングッズ 台所用品 耐熱 防水 ハート型 すべり止め 5本指 カラフル 料理道具 オーブン トースター アウトド★即納★ゆうパケット対応可 三菱電機 MITSUBISHI 換気扇 P-06JF システム部材 交換用外気清浄フィルターSCS イオナイズドエアーガン 980 980プラチナ万年筆 PLATINUM CLASSIC INK(クラシックインク) 水溶性インク INKK-2000 60cc入り / 万年筆 インク ガラスペン 高級 ブランド[RADISSY] 子ども 女の子 ドレス 長袖 フォーマル パーティー 結婚式 発表会 (ブラウン 100)【少量販売】eトレーシート 150角 ガトー【10枚】ワックスアンドクリーナー [1L] osmo・オスモ・屋内・木部・床・メンテナンス・オスモカラー正規代理店TRUSCO ステンレス洗浄カゴ 角型 有効内寸242X242X246 TSK-2525N九谷焼 抹茶碗 花詰 送料無料 和食器 抹茶茶碗 湯飲み いっぷく碗 人気 ギフト ペア 贈り物

文献ランキング(各10件)

著者
海部 陽介 増山 禎之
出版者
一般社団法人 日本人類学会
雑誌
Anthropological Science (Japanese Series) (ISSN:13443992)
巻号頁・発行日
pp.180805, (Released:2018-08-25)

ヒトの四肢骨骨体は,個人が経験した活動レベルに応じて太く成長する性質があるため,これを利用して先史時代人の生業活動を類推することが可能である。縄文時代人の四肢骨の太さは,時代や遺跡立地環境によって変異することが知られているが,先行研究には,資料数の不足,遺跡間差や計測者間誤差が十分に検討されていないこと,骨体太さに対する骨サイズの影響をコントロールしていないことなどの難点があった。本研究では,沖縄から北海道にいたる列島各地の先史時代遺跡由来の1003個体分の上腕骨をサンプルとし(うち縄文時代のものは797個体),骨長の影響を除いた骨体太さについて,遺跡間差も考慮した時空変異の解析を行なった。分析の結果,早期以降に時代を追った上腕骨太さの増大が生じたこと,海浜部の遺跡は内陸平野の遺跡より上腕骨が太いこと,同一時期の海浜部遺跡の間でも太さが顕著に異なる場合があること,骨体太さの遺跡間変異パターンは男女で異なることなどがわかった。特に興味深い知見として,男性において,渥美半島の突端に位置する保美貝塚集団の上腕骨が際立って太いことがあげられる。その原因として,外海での漁労活動に加え,漕ぎ舟による活発な海上物資輸送が行なわれていた可能性を指摘した。
著者
臼井 照幸
出版者
日本食生活学会
雑誌
日本食生活学会誌 (ISSN:13469770)
巻号頁・発行日
vol.26, no.1, pp.7-10, 2015 (Released:2015-07-27)
参考文献数
20
被引用文献数
12 7

The Maillard reaction is a chemical reaction between amino compounds (such as amino acids) and carbonyl compounds (such as reducing sugars). Many compounds are produced in this reaction. This article introduces some knowledge about the Maillard reaction. Various aroma and colored compounds (yellow, brown, and so on) are generated by the Maillard reaction in foods. As the aroma, 2-acetylfran is formed from glucose with amino acids. Methional is formed from methionine and alphadicarbonyl compounds. These compounds cause Koku-taste. Melanoidins are the brown polymer, formed in the Maillard reaction. Melanoidins are the antioxidant, protect for oxidative cell injury. Various compounds are generated in the Maillard reaction. The Maillard reaction is closely related to a food function.
著者
鈴木 秀人
出版者
一般社団法人 日本体育学会
雑誌
体育学研究 (ISSN:04846710)
巻号頁・発行日
vol.65, pp.205-223, 2020 (Released:2020-03-17)
参考文献数
61
被引用文献数
1 1

In 2012, a high school student who was the captain of a school basketball team committed suicide after suffering repeated corporal punishment from the head coach, who was a physical education teacher. This sort of tragic incident always prompts discussion about the current state of Japanese sports clubs. However, although such incidents occur repeatedly, Japan has not been able to eradicate violence in sports clubs. The purpose of the present study was to examine the reasons why Japanese society has tolerated corporal punishment by coaches or seniors in sports clubs, focusing on a popular belief that the roots of these practices lie in behavioral patterns that were prevalent in the old Japanese military during the Second World War. Initially, the paper proposes reasons why many people in Japanese society have believed and shared this view for a long time, although it has not been proven. Secondly, an attempt is made to reveal this as a problem for ordinary people who have consciously or subconsciously accepted corporal punishment as an intrinsic aspect of sports clubs, rather than considering it as an issue specifically for coaches or seniors. The following points were clarified: 1) For critics of corporal punishment, the “military origin theory” supports their opinions powerfully. Because this logic demonstrates the relationship between sports clubs and the old military, it is able to emphasize the problematic and inhuman nature of corporal punishment in sports clubs. This is one explanation for why this belief has been shared by many Japanese people for so long. 2) The “military origin theory” is a way of shifting the responsibility for violence in sports clubs away from the perpetrators. This has been supported by the general feeling of Japanese ordinary people against the old Japanese military. 3) The existence of violence in sports clubs reflects a degree of maturity in the general public viewpoint about sports by a considerable proportion of Japanese who do not or can not distinguish between hard training and violent behavior. Consequently, this belief negates the chances that many Japanese people consider corporal punishment in sports clubs to be their own problem.
著者
Musashi TACHIKAWA
出版者
Japanese Association of Indian and Buddhist Studies
雑誌
Journal of Indian and Buddhist Studies (Indogaku Bukkyogaku Kenkyu) (ISSN:00194344)
巻号頁・発行日
vol.41, no.2, pp.987-984, 1993-03-25 (Released:2010-03-09)
参考文献数
3
作業服 作業着 秋冬用 作業ズボン ツータック スラックス 自重堂Jichodo41601テストー testo 320/330用アタッシュケース(小) 0516 3300訳あり新品 詰め替えインク エプソンIC70・IC70Lシリーズ用 6色 リセッター付 箱にキズ、汚れあり INK-E70S30S6U サンワサプライ洋風煮込鍋 クックトップ 丸深型 大 CT-3 業務用/新品/小物送料対象商品【グループA】キントー KINTO KAKOMI とんすい (ホワイト/ブラック//全2色) 日本製 JAN: 4963264500708パナソニック 通路誘導灯用適合表示板 左 B級・BH形(20A形)/B級・BL形(20B形) 片面用 FK20016コンパクト・ツール 株 コンパクトツール 使い捨てバフ 15×150×30 黒 A20402S 期間限定 ポイント10倍Ampcoスイス 防爆パイプレンチ ▼102-6444 ET0305B 1丁ステンレス 連結バット フタ・アミ付き 日本製 ( 調理用バット ステンレストレイ ステンレス製 )純粋な色のビニールウォールステッカー,風力タービン枯渇エネルギー,室内装飾用,za245ナック・ケイ・エス カーブミラー単管用取付金具  φ48.6用ナースワンピース(半袖) 73-1930 住商モンブラン 医療用 病院 介護 ナース ドクター 看護師LEOBAIKY 夏用サイクルジャージ 男性用 自転車ウェア 半袖 Tシャツ 自転車用ジャージ パンツ サイクルウエア メンズ サイクリング 夏秋 通気 メンズ八幡ねじ エアー式キャスター(タイヤ)ティファール T-fal インジニオ・ネオ IHルージュ・アンリミテッド フライパン 26cm L38305 取っ手の取れるフライパン
著者
廣田 龍平
出版者
国際日本文化研究センター
雑誌
日本研究 = NIHON KENKYŪ (ISSN:24343110)
巻号頁・発行日
vol.63, pp.85-111, 2021-10-29

本稿は、キツネをめぐる世間話を題材として、アニミズムおよびパースペクティヴィズム理論を参照することにより、日本におけるヒトと動物の関係性の根底にある諸存在論を明らかにすることを目的とする。キツネが人間に変身したり(「化ける」)、ヒトの知覚を操作したりする(「化かす」)妖狐譚は、日本における非西洋近代的な存在論を明らかにするにあたって重要な資料になると考えられる。しかしこれまでは、ほとんど総合的な議論がなされてこなかった。それに対して本稿では、「変身」概念を中核に据えるアニミズムおよびパースペクティヴィズム理論を採用することにより、それらの理論が依拠する北アジア・南北アメリカの狩猟アニミズム世界とキツネの妖力を構造的に比較できることを示す。アニミズムにおいては、ヒトも動物も同じような霊魂を持ち、同じような文化を持つが、身体が異なる。そのため身体を変えることにより、ヒトが動物に、動物がヒトに変身することが可能になる。またパースペクティヴィズムは、身体に由来する観点の差異化により、種によって知覚される世界が異なってくることを前提とする。これらの枠組みを採用することにより、妖狐譚がうまく理解できるようになる。 本稿の中心的関心は、妖狐譚に見られるヒトと動物の関係性が、狩猟アニミズムと比較すると、構造的に反転しているという点である。狩猟アニミズムにおいてはヒトが「衣服」を身に着けて動物に変身するのに対し、妖狐譚においてはキツネが髑髏や藻などを身に着けて人間に変身する。また、狩猟アニミズムにおいてはヒトのシャーマンや精霊が、それぞれ動物や通常のヒトの観点を操作するのに対して、妖狐譚においては、キツネがヒトの観点を操作する。こうしたことから、日本のキツネは狩猟アニミズム世界におけるヒトのシャーマンや狩人の対称的反転であり、それが日本的な存在論の特徴であることが結論付けられる。

48 48 48 1 OA 刑法講義

著者
滝川幸辰 著
出版者
弘文堂書房
巻号頁・発行日
1931
著者
畑 啓生 東垣 大祐 小笠原 康太 松本 浩司 山本 貴仁 村上 裕 中島 淳 井上 幹生
出版者
一般社団法人 日本生態学会
雑誌
保全生態学研究 (ISSN:13424327)
巻号頁・発行日
pp.2111, (Released:2021-10-31)
参考文献数
35

イシガイ科マツカサガイは、本州、四国、九州に分布する日本固有の淡水性二枚貝である。流水のある淡水域を選好し、現在ではその主な生息地は農業用水路となっている。本研究では、愛媛県の道前平野における農業用土水路にて、マツカサガイの新たな生息地が確認されたため報告する。愛媛県では、マツカサガイは、松山平野南部と宇和盆地のみに生息が知られていたが、それらの地域では分布域と密度が急速に減少しており、愛媛県特定希少野生動植物として条例で保護されている。道前平野において、圃場整備の一環として流路が変更される予定である農業用水路で調査した結果、水面幅約 1m、流路長 440 mの範囲の土水路ほぼ全域にわたって、最大密度 20個体 /m2で、計 651個体の生息が確認され、 1249個体の生息が推測された。土水路中で一部、二面コンクリート護岸が施されている場所では、確認された個体数は著しく少なかった。マツカサガイの殻長は 41.7 ± 5.8 mm(平均 ±標準偏差)で、松山平野の国近川の個体群と比較すると、平均値に対する標準偏差の値が大きく、 20 mm程度の幼貝もみられたため、本土水路では、国近川に比べマツカサガイの寿命は短いものの、複数回の再生産が生じていると考えられる。この農業用の水路網は一級河川が作る扇状地に網目状に広がり、周辺は一面に水田が広がるが、圃場整備により、土水路が残されるのは本研究地区のみとなっており、最後に残されたマツカサガイ生息地の断片と考えられる。マツカサガイは全国的にみても準絶滅危惧であり、この個体群の保全が求められる。淡水性二枚貝類は人為的影響により減少が危惧されるため、圃場整備を行いながらの保全の実践は、他地域のためにも先行例となる。
著者
徳田 栄一 Stefan L. Marklund 古川 良明
出版者
公益社団法人 日本薬学会
雑誌
YAKUGAKU ZASSHI (ISSN:00316903)
巻号頁・発行日
vol.139, no.7, pp.1015-1019, 2019-07-01 (Released:2019-07-01)
参考文献数
16
被引用文献数
Forestway/コピー用紙PIIJ B4 500枚 2

Amyotrophic lateral sclerosis (ALS) is a lethal neurodegenerative disease that is characterized by the loss of motor neurons, which results in progressive muscle atrophy. The pathology spreads from the initial site of onset to contiguous anatomic regions. Mutations in the gene encoding Cu/Zn-superoxide dismutase (SOD1) have been identified in a dominantly inherited form of ALS (ALS-SOD1). A major hallmark of ALS-SOD1 is the abnormal accumulation of conformationally aberrant SOD1 protein (i.e., misfolded SOD1) within motor neurons. Emerging experimental evidence has suggested that misfolded proteins associated with neurodegenerative diseases exhibit prion-like properties, i.e., misfolded proteins act as conformational templates that convert normal proteins into a pathogenic form. Possibly as a result of this prion-like self-propagation property, misfolded forms of pathological proteins are considered to accumulate in the central nervous system and cause neurodegeneration. In this article, we review recent evidence for the role of prion-like mechanisms in ALS-SOD1. In particular, we discuss the propensity of misfolded SOD1 to act as a pathological seed, spread between cells, and propagate neuroanatomically.
著者
古旗 崚一 所 史隆 根本 隆夫 加納 光樹
出版者
公益社団法人 日本水産学会
雑誌
日本水産学会誌 (ISSN:00215392)
巻号頁・発行日
pp.21-00010, (Released:2021-10-26)
参考文献数
31

チャネルキャットフィッシュによる張網漁獲物の捕食実態を把握するため,2016年6-8月と2017年3-8月に霞ヶ浦で張網により採集した個体の食性を精査した。本種は張網に同時に入網するワカサギ,シラウオ,ウキゴリ,テナガエビを主に食べていた。体長20 cm以上の個体は自然環境下と比べて胃充満度指数が極端に高く,張網内でそれらを摂餌したと考えられた。張網内での漁獲物の被食率はワカサギで74%,シラウオで80%,ウキゴリとテナガエビで30%以上と推定され,張網漁業への甚大な影響が懸念された。
著者
髙嶋 博
出版者
日本神経治療学会
雑誌
神経治療学 (ISSN:09168443)
巻号頁・発行日
vol.35, no.4, pp.536-542, 2018 (Released:2019-04-22)
参考文献数
24

Many patients present with extremely serious problems such as headache, photophobia, acoustic hyperresponsiveness, severe pain, menstrual disorders, various sleep disorders, and POTS after human papillomavirus vaccination (HPV vaccine). In addition, patients exhibit various neurological symptoms such as movement disorders, walking disturbance, involuntary movement, abnormal sensation, memory disturbance, and so on. However, these symptoms are variable and have been considered to be symptoms of hysteria (somatoform disorder, somatic symptoms). Immunosuppressive treatments were not administered because many cases were considered to be of neurological origin. In such cases, the disease condition is objectively evaluated to diagnose and treat patients with neurological symptoms. In conclusion, the wide–ranging symptoms of the central nervous system include those caused by disseminated autoimmune encephalitis and also symptoms of the peripheral small fibers. Thus, according to the obtained findings, the neurological symptoms caused by HPV vaccination are related to immunological diseases, and not psychogenic diseases. In addition, the cause of misdiagnosis has also been described.
著者
今泉 友子
出版者
早稲田大学法学会
雑誌
早稻田法學 (ISSN:03890546)
巻号頁・発行日
vol.87, no.3, pp.223-256, 2012-03-20
著者
小川 順子 森 伸介 鈴木 正昭
出版者
一般社団法人 日本原子力学会
雑誌
日本原子力学会 年会・大会予稿集 2004年秋の大会
巻号頁・発行日
pp.5, 2004 (Released:2004-11-19)

一般人に原子力発電の理解を求めるために、しばしば原子力発電のリスクが様々な「生活行為のリスク」と比較される。「生活行為のリスク」は、1979年米国ピッツバーグ大学Cohenによって計算された「様々なリスクの比較表」に載っている値が一般によく使われており、原子力の広報にも役立ってきた。しかしながら、これらは25年前のしかも米国のデータで計算されたリスクである。そこで我々は、現代日本の状況に合った日本におけるリスク表に改訂することを目的に、「ガン」、「心臓病」、「自動車事故」、「火事」、「脳卒中」、「肺炎/インフルエンザ」、「エイズ」、「独身(男性)」、「独身(女性)」「喫煙」、「肥満」、「飲酒」、「自殺」、「殺人」、「航空機墜落事故」、「原子力産業」、「自然放射線」、「地層処分」、「大気汚染」、「屋内煙検知器」、「エアバッグ」の21項目のリスクについて損失寿命を算出した。
著者
エスティマ ACR/GSR50系 JEWEL LEDハイマウントストップランプ トヨタ タイプ1 レッドレンズ/クローム
出版者
社会学研究会
雑誌
ソシオロジ (ISSN:05841380)
巻号頁・発行日
vol.44, no.2, pp.19-35,147, 1999

Rather than focusing on adult, teenage or child anime, this paper analyses Soreike! Anpanman, a popular anime for toddlers (1-4 year olds) in Japan. Anpanman, with its prodigious gadgets market, has become a fixture in daily life. Childcare institutions and parents appreciate its "educational features". In this essay, I first analyze Anpanman as a text, defining its value system which earned it such positive acceptance. Second, I indicate what kind of discursive and non-discursive possibilities /limits are implied in its specific hierarchy of values, and how they can be related to the socializing process of infancy.<br> The cartoon series depicts the eternal struggle between the hero Anpanman (Bean Bread-Kid) and the anti-hero Baikinman (Bacteria-Kid). Anpanman is the flying patrolman of the community's order (groupism, food-organic life, work) , while Baikinman is the aggressive threat to it (egoism, germ-mechanical life, leisure). The community, labelled as minna (everybody) and nakayoshi (amicable, chummy) , is the resource of legitimation/delegitimation and inclusion/exclusion of the characters' actions. In actuality, the specific personification of minna's ultimate authority is the only male human character, the always smiling old chef-baker Jamojisan (Uncle Jam). He is the father-creator of Anpanman, the patriarch who retains both the legislative authority and the executive power.<br> I interpret the kid-characters Anpanman and Baikinman as "still unrealised human possibilities" - the positive one necessarily determined by the exclusion of the negative one - and the adult human character Jamojisan as the legitimated, but unilateral realization of these opposing possibilities. Such a value system can be read as a symbolical socializing process proposed to the infant viewer, and has a great similarity to the socializing process children undergo in childcare institutions.<br> Furthermore, in regard to the more general and practical dimension of socialization, due to the limited autonomy of the infant viewer in the access, choice, and use of Anpanman-products, I also point out the necessary interrelation of infants, childcare institutions and parents: this will be the core of my future research.
著者
高田 知紀 梅津 喜美夫 桑子 敏雄
出版者
公益社団法人 土木学会
雑誌
土木学会論文集F6(安全問題) (ISSN:21856621)
巻号頁・発行日
vol.68, no.2, pp.I_167-I_174, 2012 (Released:2013-01-30)
参考文献数
32
被引用文献数
1 1 5

東日本大震災では,多くの神社が津波被害を免れたことが指摘されている.本研究では,日本の神社に祀られる祭神の多様性は,人びとの関心に応じた差異化の結果であるという仮説から,宮城県沿岸部の神社についてその祭神と空間的配置に着目しながら被害調査を行った.祭神については特に,ヤマタノオロチ退治で知られるスサノオノミコトに着目した.スサノオは無病息災の神として祀られることから,洪水や津波といった自然災害時にも大きな役割を果たすと考えられる.また,地域の治水上の要所に鎮座していることが多い.東北での調査から,スサノオを祀った神社,またスサノオがルーツであると考えられる熊野神社は,そのほとんどが津波被害を免れていることを明らかにした.この結果は,地域の歴史や文化をふまえたリスク・マネジメントのあり方について重要な知見を提供する.
著者
嵩原 広宙 田中 秀樹 岩城 達也
出版者
Japan Society of Kansei Engineering
雑誌
日本感性工学会論文誌 (ISSN:18840833)
巻号頁・発行日
pp.TJSKE-D-17-00030, (Released:2018-02-09)
参考文献数
22

Emotional state before sleep affects the subsequent sleep onset. The purpose of this study was to investigate how positive/negative emotion before sleep effected hypnagogic state. The movies eliciting positive or negative emotion were presented before sleep. Hypnagogic imagery was recorded as a probe of emotional experience and EEG microstate analysis was used for finding the emotion related EEG activities. The score of emotion ratings for hypnagogic imagery indicated that positive emotion was reported in not only positive condition but also in negative condition. This implied that hypnagogic state might be accompanied by positive emotion. Comparing the appearance of maps obtained from microstate analysis between conditions, the map of right temporal activity was significantly greater in positive condition while the map of the left frontal activity was greater negative condition. These results suggested that the emotion not just in presleep but also in hypnagogic state was involved in sleep onset process.
著者
武田 宗和 名取 恵子 諸井 隆一 原田 知幸 矢口 有乃 稲垣 伸洋
出版者
日本腹部救急医学会
雑誌
日本腹部救急医学会雑誌 (ISSN:13402242)
巻号頁・発行日
vol.33, no.4, pp.735-739, 2013-05-31 (Released:2013-07-26)
参考文献数
10

要旨:【症例】37歳飲酒歴のない女性。意識障害で発見され救急搬送,既往は躁鬱病と境界型人格障害。来院時ショック状態で下血を認め,緊急下部内視鏡検査で直腸から左側結腸まで全周性・連続性の発赤とびらんを認めた。翌日,薄めたウオッカ約1L(推定アルコール濃度49%)を自ら注腸したことが判明,虚血性腸炎に準じ保存的治療を選択。8病日の内視鏡検査では直腸からS状結腸までは粘膜の修復が認められ保存的治療を継続した。4週間後,下行結腸の高度な腸管狭窄を合併したため,本人との話し合いの結果,横行結腸に人工肛門を造設することとなった。【考察】過去の報告では,アルコール注入による直腸結腸炎は保存的治療で治癒することが多いとされる。本例は高濃度のアルコールが大量に注入され広範囲に腸管が傷害された上にショック状態に陥り,腸管虚血をきたしその治癒過程で腸管狭窄を合併したものと推察された。本例における治療方針に関する問題点をふまえ文献的考察を加え報告する。
著者
近江 龍一 西原 陽子 山西 良典
出版者
人工知能学会
雑誌
人工知能学会全国大会論文集 (ISSN:13479881)
巻号頁・発行日
vol.31, 2017

Web上に投稿される情報の中には青少年にとって有害な情報,特に猥褻な意味を持つ言葉は直接記述されず暗喩により表現されることが多い.本研究の目的は暗喩を用いて表現されている有害な文に対してフィルタリングを行うことである.提案手法では有害表現が含まれる文をドメインごとに機械学習し有害表現の分類器を作り,有害表現をフィルタリングする.提案手法の有用性を評価する実験をR-18指定の小説を使い行った.
著者
酒向 貴子 川田 伸一郎 手塚 牧人 上杉 哲郎 明仁
出版者
国立科学博物館
雑誌
Bulletin of the National Museum of Nature and Science Series A Zoology (ISSN:18819052)
巻号頁・発行日
vol.34, no.2, pp.63-75, 2008-06

The distribution of latrines of the raccoon dog, Nyctereutes procyonoides, was examined from July 2006 to December 2007 in the Imperial Palace grounds, Tokyo, Japan. The raccoon dog is accustomed to defecate at fixed locations, forming holding latrines; thus the distribution of latrines is a good indicator of their abundance. The results suggest that the latrines are widely scattered in the study site, but are more dense in the Fukiage area, where an old-growth broad-leaved forest is established. The latrine sites are used more frequently from September to December, as the number of fresh feces increased in the autumnal season. To examine the seasonal food changes of the raccoon dogs, 10 pieces of feces from some latrines were collected every month and analyzed the indigestible contents in the sampled feces. The food items identified consisted of animal, plant and man-made materials, suggesting that the raccoon dogs were highly omnivorous. The animal materials found from the feces included mammals (4% of total feces), birds (37%), reptiles (2%), amphibians (3%), insects (95%), chilopods (56%), isopods (2%) and gastropods (12%). Invertebrates were the most abundand food item throughout the year. Three coleopteran families, the Carabidae, Staphylinidae and Scarabaeidae, accounted for a large proportion of the insects and they showed seasonal fluctuations. These suggest that the raccoon dogs fed on them as major animal food resources in the study site, and perhaps the seasonality is related to the temporal changes of availability of the insects. The majority of plant materials found in the feces was a variety of seeds, suggesting that the raccoon dogs fed on berries and fleshy fruits throughout the year. The occurrence of seeds decreased from March to April, which coincided with a low availability of fruits. The seeds found in feces were categorized into three types : (1) the short-term berry type including Prunus (Cerasus) spp., Moms spp., Rubus hirsutus and Machilus thunbergii, which occurred only a short term after their fruiting periods ; (2) the long-term berry type, including Celtis sinensis, Aphananthe aspera and Swida controversa, which occurred continuously for three or more months after the fruiting periods ; (3) the acorn type, including Castanopsis spp., Quercus spp. and Ginkgo biloba, which occurred in early spring (January to April) when the other fruits are scarce. The seasonal change of the three fruit types implies that the raccoon dogs consume the available fruits in relation to the successive fruiting periods. The proportion of artificial materials found in the feces was considerably lower than in previous studies carried out in the suburbs of Tokyo, suggesting that the raccoon dogs in the study site strongly depend on natural foods. Most of the natural food items were native to Japan since the past Edo period. Thus we conclude that the preservation of biodiversity in the Imperial Palace grounds was essential for the re-colonization by the raccoon dogs of the Tokyo metropolitan area after the 1970s.
著者
松阪 崇久
出版者
日本笑い学会
雑誌
笑い学研究 (ISSN:21894132)
巻号頁・発行日
vol.25, pp.90-106, 2018 (Released:2018-12-27)

動物ショーやテレビ番組に出演するチンパンジー・パンくんの映像作品を用いて、パンくんの感情表出についての分析を行った。映像作品でのパンくんは、着衣で二足歩行を行うことが多く、自然なチンパンジーの姿とは大きく異なっていた。テレビ番組用の映像と動物ショーの本番の映像では、それ以外の動物園などでの映像と比べて、チンパンジー本来の姿とのズレが大きく、感情表出に関しては、ポジティブな笑顔や笑いの表出よりも、恐怖・不安・不満といったネガティブな表出が多い傾向があった。とくにテレビ番組では、パンくんに試練を課し、不安やストレスを与えるシーンもしばしば見られた。このようなパンくん自身の感情表出以外に、テロップ、ナレーションや、チンパンジーの音声の追加によって、パンくんの感情を演出または改変する場面もあった。以上の結果を元に、ショーやテレビにチンパンジーが出演することの問題点について議論した。また、動物の福祉を考える上で、笑いや遊びに注目する意義について考察した。
著者
板屋 民子 飯島 正雄 斉藤 貢一 正木 宏幸 青木 敦子 斎藤 章暢 安藤 佳代子 徳丸 雅一 坂東 正明
出版者
Japanese Society of Food Microbiology
雑誌
食品と微生物 (ISSN:09108637)
巻号頁・発行日
vol.8, no.4, pp.203-212, 1992-03-20 (Released:2010-07-12)
参考文献数
10

A large number of Photobacterium phosphoreum (6-7 log/g) was isolated from “tamagoyaki” (a kind of nigirisushi; Japanese food) that had been lumineferous in the dark. The isolates were smeared on the surfaces of sliced “tamagoyakis”. After the incubation at 10°C for 48 hr or at 25°C for 24 hr, the surfaces became luminous. It was indicated that this abnormality of “tamagoyaki” was caused by contamination with and multiplication by P. phosphoreum.On the surface of “tamagoyaki”, the bacteria in an early growth phase in such a small number as 4 log/g luminesced. Furthermore, the luminescence was observed when pieces of squid, boiled prawn or “yakichikuwa” (a kind of food made of fishes) with the bacteria were incubated, but not observed on pickled Japanese gizzard shad. Nevertheless the the bacteria grew on the surface of tuna, but no luminescence was observed on it.The bacteria produced a small amount of histamine on squid and tuna (less than 250μg/g), and their ability to putrefy food seemed to be low.The opitmum concentration of sodium chloride for growth of the bacteria in a medium was 3%, but they grew in food containing sodium chloride less than 0.5%. When sodium chloride in the medium was replaced by potassium chloride, calcium chloride, magnesium chloride, ammonium chloride or sodium phosphate, the bacteria were still able to grow but unable to grow when replaced by potassium phosphate or sucrose. The bacteria metabolized arginine by arginine decarboxylase but not by arginine dehydrolase.
著者
多和田 友美 伊香賀 俊治 村上 周三 内田 匠子 上田 悠
出版者
日本建築学会
雑誌
日本建築学会環境系論文集 (ISSN:13480685)
巻号頁・発行日
vol.75, no.648, pp.213-219, 2010-02-28 (Released:2010-06-07)
参考文献数
18
被引用文献数
6 LEDライト付き メガネ型ルーペ ヘッドルーペ 左右独立角度調整 レンズ8種類付属 2.5倍/4倍/6倍/8倍10倍/15倍/20倍/25倍 宝石鑑定 時計修理 HOP-LPXK8G9892

Various researches highlight that indoor air quality affects performance of workers in offices. Although good indoor air quality improves work performance, it also increases energy consumption. In this study, we achieved a field survey in a real office in order to investigate the relationship between thermal environment, productivity, and energy consumption. In addition to the monitoring of indoor environmental quality and energy consumption, subjective experiments were conducted. In order to evaluate subjective performance, workers and students responded to questionnaires, and to evaluate objective performance, students simulated three types of office works. By calculating room temperature and worker's subjective performance, we demonstrate the correlation between room temperature and worker's performance (R2=0.22, p

投稿収集状況(14日間)

ソーシャルメディアの情報をもとに、学術文献のインパクトを測定するサイトです。590,149件の学術文献の詳細情報を収集済みです。