Site Overlay

【phpMyAdmin】インポートで500エラーが出た時の解決方法

大容量のダンプファイルをインポートするときに受け入れる容量オーバーで500 エラー(internal server error)が発生する時があります。

そんな時の解決方法をご説明します。

ダンプファイルの容量とアップロードできる容量制限を疑う

wordpressなどで構築されたホームページをサーバー移転した時によくありますよね。

phpMyAdminを使って移転元のサーバーからmySQLのダンプファイルをエクスポート。

移転先のサーバーにインポートした時に500エラーが発生。

原因は、ダンプファイルの容量オーバーが考えれます。

まずは、ダンプファイルとアップローダーの容量制限を比べてみてください。

【NG】
ダンプファイル phpMyAdmin
1000MB  > 100MB

【OK】
ダンプファイル phpMyAdmin
1000MB  < 2000MB

phpMyAdminの方が大きくなるようにしてください。

phpMyAdminのインポートファイル可能容量を増やすには

インポートできるファイルサイズを変更するには以下の2通りの方法があります。環境に合わせていずれかを参考にしてください。

方法1: php.iniを更新する
方法2: .htacessに記述する。

php.iniは、お使いのサーバ環境によっては触れない可能性もあります。その場合は、②の.htacessに記述する方法をお試しください。

方法1:php.iniを更新する

手順①php.iniをエディタで開く。

手順②Ctrl + f

手順③「upload_max_filesize」を入力。見つからなければページ最下部にしてください。

手順④ダンプファイルのサイズ以上の数値をする。(上限2Gまで)

(例)

upload_max_filesize = "2G"

方法2: .htacessに記述する。

手順①php.iniをエディタで開く。

手順②Ctrl + f

手順③「upload_max_filesize」を入力。見つからなければページ最下部にしてください。

手順④ダンプファイルのサイズ以上の数値をする。(上限2Gまで)

(例)

php_value upload_max_filesize 2000M

phpのアップロード制限を増やしても500エラーが発生する場合

2通りの方法を試してもinternal errorが発生する場合は、HTTPアクセスでアップロードできる上限を超えているということになるので【Coreserve | コアサーバー】mysqlをコマンドラインでリストアする方法を参照してください。

Published By:

投稿者: Yuki

宮崎県都城市出身 業界歴15年のWebディレクター&エンジニア。 未経験からベンチャー企業にアルバイト入社。 経験:LAMP、SEO、SEM、MEO、ウェブ担、Sler、経営者。 学生時代は、シアトルに米国留学7年。 現在は、HomieBridgeLLC代表社員。 よろしくお願い致します。

Scroll UpScroll Up